HOME» 企業情報 »沿革

企業情報

沿革


沿革タイトルimg

 

 

 

1945年 長田織布として発足する。
1962年 長田織布に樹脂部門を設置する。
1963年 長田織布より分離し、長田合成樹脂に名称を改める。
1964年 自動車精密部品の製造を開始する。
1965年 法人組織に変更し、日進工業株式会社となる。
1969年 株式会社ニッシン(人形販売)を設置する。
1977年 自動車排ガス部品の製造を開始する。
1978年 アメリカUL規格の認定を受ける。
1979年 塩浜工場を開設する。
1980年 ニッシン精機株式会社を設立し、金型の設計製作を開始する。
1981年 塩浜工場に事務所及び製品発送場を増設する。
1982年 ポリアミドイミド樹脂の成形加工により、メカトロ部品に採用される。
1983年 ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)樹脂の成形加工により、トヨダWDブレーキ部品に採用される。
1984年 ヘリカルギア他、精密歯車の成形加工を始める。
1985年 衣浦臨海工業地帯に工場を建設し、同年8月に本社を移転する。
1987年 ポリアセタールにパット印刷をする技術を自社開発する。
1990年 2色成形の製品化を開始する。愛知労働基準局進歩賞受賞
1991年 ポリアミドイミド樹脂のヘリカルギアがトヨタクラウンに採用される。
1997年 愛知県労働基準局優良賞受賞
2000年 ISO 9001 認証取得
2001年 ISO 14001 認証取得
2002年 蘇州日進塑料有限公司設立
2004年 TPMチャレンジ賞受賞
2010年 天津日進塑料有限公司設立
2011年 佛山日進塑料有限公司設立
2012年 愛知ブランド企業取得
2015年 武豊工場設立